塩谷歯科医院

MENU

歯周病治療

歯周病は歯を失う
一番の原因と言われています

自覚症状なしに歯茎の骨がなくなっていきます

自覚症状なしに歯茎の骨がなくなっていきます

歯周病とは、歯垢(プラーク)に棲みつく歯周病菌が増殖することで発症し、ほとんど自覚症状なしに進行し、歯茎の骨(歯槽骨)や歯周組織を破壊して歯を失う原因となる病気です。
現在、歯周病は歯を失う一番の原因とされていて、これをしっかり治療・予防することは大切な天然歯を守り続けるうえでとても重要なこととなります。

また、最近では全身疾患との関係性が指摘されていて、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎などの全身の病気とも深く関わっているとされていますので、歯周病を予防することは全身の健康を守ることにも繋がります。

歯周病を予防するために
大切なこと

セルフケア+プロフェッショナルケア

歯周病を予防するためには、ご家庭での歯磨きや食習慣の見直しなどのセルフケアに加えて、歯科医院での専門的なクリーニングなどのプロフェッショナルケアを受けることが重要になります。

兵庫県加西市の塩谷歯科医院では、患者様お一人おひとりに担当の歯科衛生士をお付けして、お口の健康維持をサポートさせていただきます。
当院の歯科衛生士たちは研修会やセミナーへ積極的に参加し、日々、技術の向上に努めておりますので、是非、当院の定期メンテナンスをご利用ください。

お口の現状を詳しくお伝えしてモチベーションアップ

定期メンテナンスへのモチベーションを高めていただくために、DentalX(デンタルテン)というカウンセリングツールを使ってお口の現状を詳しくお伝えするようにしております。
こちらでは患者様お一人おひとりの口腔内の状況変化が一目で把握できますので、実感しづらい長期にわたる治療の経過を実際に目で見てご確認いただけます。

こんな症状はありませんか?

  • 歯茎が腫れている
  • 歯磨きすると歯茎から出血する
  • 歯を歯の間に隙間ができた
  • 朝起きた時、口の中がネバネバする
  • まわりの人から「口臭がする」と言われた
  • 歯が伸びた気がする(歯茎が下がった)
  • 歯がグラグラと動く

など

このような症状がございましたら、お気軽に兵庫県加西市の塩谷歯科医院へご相談ください。

歯周病の進行

健康な状態

健康な状態

歯と歯茎の間(歯周ポケット)が深くなっておらず、歯茎が引き締まった状態です。

軽度歯周病

軽度歯周病

ほとんど自覚症状はありませんが、歯茎が赤く腫れて、歯磨きをした時に出血することがあります。

中度歯周病

中度歯周病

歯周ポケットが深くなり、炎症が慢性化して歯茎の骨(歯槽骨)が溶け始めます。
歯が浮いた感じがする、口臭がするなどの症状を感じるようになります。

重度歯周病

重度歯周病

歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨もほとんど溶けてしまうため、指や舌で歯を押すとグラグラと動くようになります。
最悪の場合、このまま歯が抜け落ちてしまう場合があります。

ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ

0790-48-3690

top