塩谷歯科医院

MENU

小児歯科

優しく丁寧に
お子様を治療します

できるだけ歯医者を好きになってもらうために

兵庫県加西市の塩谷歯科医院では、小さなお子様を治療する時、決して無理やり押さえつけたりはしません。
その子が歯医者の雰囲気に慣れるのを待って、しっかりお口が開けられるようになってから少しずつ治療を進めていきます。
この時もいきなり痛い治療・怖い治療などは行わず、フッ素塗布などの痛くない処置から始めて、お子様の成長と頑張りを待つようにしております。

お口が開けられれば治療できるようになるものです

お口が開けられれば治療できるようになるものです

「早く治療してほしい」と思われる保護者の方もいらっしゃるでしょうが、焦って治療を進めるとかえってお口が開けられなくなり、より時間がかかるようになりますし、トラウマとなって将来、歯医者に通えなくなることがあります。
最初は少し時間がかかるかもしれませんが、“焦らずゆっくり”が結果的には治療の近道となることが多いですので、お子様が成長してしっかりお口が開けられるようになるまで待ちましょう。

また「きちんと治療が受けられるか心配」という方もおられるでしょうが、お口が開けられればちゃんと治療が受けられるようになるものです。
なかなか治療が前に進まなくても焦らずに、お子様の成長を信じて待つようにしましょう。

乳歯の虫歯は
放っておいても大丈夫?

乳歯の虫歯は永久歯に悪影響をおよぼすことも

「乳歯が虫歯になっても、生え変わるので放っておいても大丈夫」と思っていませんか?
そうではありません。
乳歯の虫歯を放っておくと、永久歯に対して次のような悪影響をおよぼす場合がありますので、そのままにせずにきちんと治療を受けさせてあげるようにしてください。

永久歯の虫歯リスクが高まることも

乳歯の虫歯を放置すると、進行して歯の根っこ(歯根)にまで達し、そこに膿が溜まることがあります。
永久歯はその膿が溜まったところから生えてきますので、その時に虫歯菌に感染し、虫歯リスクが高まってしまう恐れがあります。

将来、お口の健康を損なうことも

乳歯の虫歯があるということは、それだけお口の中に虫歯菌がたくさんいると言えますので、そのままの状態だと永久歯に生え変わった後も虫歯リスクが高いままで、将来のお口の健康を損なう恐れがあります。

歯並びに悪影響をおよぼすことも

乳歯が虫歯になり抜けてしまうと、その部分に両隣の歯が倒れ込んで来て、永久歯がきちんと生えるためのスペースが失われてしまう場合があります。
その結果、歯がガタガタに並ぶなど、歯並びに悪影響をおよぼす恐れがあります。

ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ

0790-48-3690

top