塩谷歯科医院

MENU

院長紹介

院長紹介

塩谷 耕司

塩谷 耕司

ごあいさつ

こんにちは 加西市塩谷歯科医院の塩谷です。

子供の頃に受けた、待たされて何回通ってもなかなか治らない、ゴールの見えない歯科治療を何とか改善したいと思い、1988年5月に開院してから今まで歯で困っている人の少しでもお役にたちたいと今まで頑張ってきました。

しかし予約外の患者様の要望にできるだけ応え様とすると、ご予約頂いた患者様との約束を守ることができず、いつもいつも苦しんでいました。

私たち塩谷歯科医院のことをもっと知っていただき、もっとゆっくり患者様一人一人の望んでおられることを詳しく聞かせていただき、できるだけ心地よく治療を受けて、喜んでいただきたいと思い、スタッフ一同研修も積み、この度ホームページを作成致しました。

皆様の健康増進、幸せな人生を最後まで楽しんでいただくことに我々がお役に立てれば本望です。どうぞよろしくお願いします。

プロフィール

血液型B型
動物占い黒ひょう
趣味バレーボール、テニス、日曜大工、WEBショッピング

経歴

1983年岐阜歯科大学(現 朝日大学)卒業
1983年国立神戸大学医学部付属病院口腔外科医局に入局
1984年西脇病院歯科口腔外科勤務(出向)
1985年神戸大学口腔外科に勤務
1985年西脇病院歯科口腔外科(出向)
1986年明延鉱山診療所に出向
1987年明石市柏木歯科医院就職
1988年塩谷歯科医院開業
1996年口腔インプラント認証医取得

所属学会

  • 日本歯科医師会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本口腔感染症学会
  • 日本歯科高度先進医療研究会
  • 神戸大学医学部口腔外科同門会 楠歯会
  • 岐阜歯科学会
  • 臨床歯科研究会
  • AVA研究会

セミナー修了実績

  • 日本歯科先端技術研究所口腔インプラント研修会
  • AQBインプラント研修会
  • Certificate of Oriental Medicin in Dentisry
  • TIインプラント研修会
  • 三浦靖臨床セミナー

その他

  • 加西市歯科医師会 会長
  • 加西市立善防中学校 校医
  • 青野ヶ原自衛隊 嘱託歯科医
私が歯科医師を志した理由

実は、私はとても歯が弱く、歯科医院というのは非常に馴染みのあるところでした。
その頃の治療は2~3時間以上も待って5分くらいの治療しかしてもらえない診療で、 「こんなんで治るわけないやん!」 と子供心に矛盾を感じていました。
「いつかは自分が歯医者になり、しっかりした治療をしよう!」 という想いを小さい頃から抱いておりました。
なので大学進学の時には、ごく自然と歯科大学への進学を決め、歯科医師を目指したのです。
今は 小さい頃からの夢の職業に就くことができているのですから、こんなに幸せなことはないと思っています。
今でも、もちろんやりがいを感じて、毎日充実した日々を送っております。

幼少期の思い出

加西市には、私が幼い頃に父親が養鶏を行うために引っ越してきました。
幼稚園の頃から 毎日、養鶏場の手伝いを行っていました が、いつもいつも怒られていました。
私の父は怒ると本当に怖く、今でも怒られたことを思い出します。 父はいつも忙しくしていたので、ほとんど遊んでもらった記憶がありません。
しかし、父親が木で作ってくれた車をもらったことや、キャンプに連れて行ってもらった時のことは、すごく嬉しかった記憶があります。
仕事に関しては非常に厳しい父親でしたが、今思えば子煩悩な部分もあったんだろうと思います。

母親は養鶏場の切り盛りで忙しい中、いつも食事を作ってくれていました。
父親とは対照的で、とても優しい母親でした。 母親と、姫路に歯医者に行って、帰りにアイスクリームを食べて嬉しかったことをとてもよく覚えています。

幼少期の思い出私は男3人、年子の兄弟で、いつも兄弟で遊んでいましたので、そちらの記憶の方が強く残っています。
キャッチボールをやったり、ダムや川で遊んだり、狐を捕まえに行ったり、沢ガニを捕ったりと自然の中でよく遊んでいました。非常に活動的な子供でした。

両親は仕事でいつも疲れていて、すぐに寝てしまうことが多かったです。
兄弟も早く寝てしまい、居間でテレビを見ているうちに、起きているのは自分だけということが良くありました。
しかし、 懸命に働いて育ててくれた両親には心から感謝していますし、尊敬しています。

バレーに熱中した中学校、高校時代

中学校は、バレーボール部に所属していました。地域でも弱小チームで、ほとんど勝ったことはありませんでしたが、一生懸命に練習していました。 
歯科医院はチーム医療 です。その為に必要な チームワークの大切さや、チームプレーの面白さというのは、バレーボールから学んだ のだと思います。

高校でもバレーボール部に入りました。しかし、学校が家から距離が遠いのと、相変わらず家で仕事を手伝わなければならなく、なかなか練習することができませんでした。
チームは近畿大会に出るほどの強豪であったため、当然周りとの差は大きくなっていきます。そんなこともあり、結局退部することになってしまいました。

仕事を手伝っている同級生はほとんどいなかったこともあり、とても悔しい思いをしました。
しかし、今となっては、 仕事の手伝いによって学んだことも、部活を一生懸命行うのと同じかそれ以上の価値 があったと思っています。

人生最大の試練

幼い頃の目標の歯科医師になるため、歯科大学に進学したある日の事でした。
大学に入ってからも私は養鶏場を手伝っていました。その日もいつも通り、手伝いをしていました。

トラックの荷物を降ろす手伝いをしていた時のことです・・・。
指先が、荷台の扉にはさまれ、右手親指の先を切断してしまうという事故が起こってしまったのです。
これは、本当にショックな出来事でした。人生最大の挫折と言ってもいいと思います。

当時は、大学でも専門課程に入るところで、本当に頑張っていた時期でしたので非常にショックでした。
「もう歯科医師にはなれないんじゃないか・・・」 そう思い、1人涙しました。

しかし、元々クヨクヨするような性格ではありません。
「悩んでいてもしょうがない!」となんとか気を持ち直し、1ヶ月の入院後にはすぐに学校に行き、いつも通りに授業を受けました。

しかし、実習などでもやはり以前とは感覚が違います。
指先が短く不自由になった分、人一倍努力 しました。その努力のおかげか、以前のように クラスでトップクラスの成績を取るまで になりました。
このときの経験が、辛いことがあっても、前を向いて進んでいくことの大切さ、努力の必要性を学んだのだと思います。

すぐにバレーボールにも復帰しました。高校時代に志半ばとなっていた反動もあり、再度バレーボールに熱中しました。
しかし、バレーボールも指がないと、以前とは全く感覚が違います。しかし、これも努力によって克服することで、歯学部の 全国大会で優勝 するまでになりました。
人一倍努力をすることで、しかも 多くの仲間と協力して優勝までしたのは、大学時代の最高の思い出であり、私の誇りとなっています。

大学卒業から開業、現在まで

大学卒業後、私は神戸大学の医学部口腔外科に入局し、医局の命令で多くの病院を回ることができました。
その為に、歯科疾患の患者様以外にも、癌の患者様や、外傷の患者様を多く目にしていました。
歯科医師は口の中だけに意識がいってしまいがち ですが、口の中だけではなく、 患者様の本当の健康や人生の豊かさを真剣に考えるキッカケ となり、今でも私の財産となっております。

元々、歯科医師になって開業し、患者様を待たせずに診療をしたい、患者様に満足のいく治療を行うという幼い頃からの目標をもっていたため、勤務医時代も開業するために学んでいました。そして、予定通り5年経ったときに地元に帰り、現在の地に無事開業することができたのです。

開業当初は何でも要望に応えたいと思っておりました。もちろん、それも大切なことだとは思いますが、今では少し変化してきました。

それは、 困っているところを治すだけではなく、お口の健康を保つためにも予防に力を入れる というとこです。
そして、多くの患者様に、お口を通して 本当の人生の豊かさに貢献できる医院 をつくる。それが、今の目標です。

「虫歯で歯が痛い」という方はもちろん、 「今は問題ないけど、しっかりとお口を守りたい」「キレイな歯を大切にしたい」 という方のご来院も大歓迎です。

皆様と医院でお会いできる事を、そしてあなたの人生の豊かさへ貢献できることを楽しみにしています。

ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ

0790-48-3690

top