塩谷歯科医院

MENU

メディア記事

破折歯の保存のために行われる矯正的挺出、歯冠長延長術と補綴治療

塩谷歯科医院 破折 審美 セラミック

左上2,3(左上の前から2番目側切歯と3番目犬歯)は虫歯により歯の根が割れかぶせ物が取れてきた状態を一時的に借り歯を固定した写真です。左上2 、3の根っこは歯茎からかなり深い位置で折れており、炎症もありました。この歯肉の炎症は歯肉がもつ本来の構造、生物学的幅径(歯肉が歯に付着する機能)が保てないくらい深い位置で歯の根っこが破折していたためです。このように歯肉の縁より深い場所にしか歯が残っていない状態では様々な治療をしなければ、歯を残すことが出来ません。

塩谷歯科医院 破折 審美 セラミック

治療後の写真です。矯正と外科的な治療を行い、生物学的幅径を再構築したうえでメタルボンドクラウン(金属の上にセラミックを焼き付けた被せ物)を被せました。

塩谷歯科医院 破折 審美 セラミック

咬合面(噛む面)から見たところです。金属のワイヤーで補強して仮歯を固定しています。根っこの周りの歯肉が赤くなり炎症があります。歯肉の

中に残っている歯の根っこには虫歯が残っています。

塩谷歯科医院 破折 審美 セラミック

この写真は根っこに輪ゴムをかけ矯正的挺出(矯正力を用いて根っこを周囲の歯肉や骨ごと引っ張りあげること)を行っている写真です。歯肉の下に根っこがある状態では虫歯を取りきり、被せ物を入れることも難しいためゴムを使って矯正的挺出を行います。歯は骨だけでささえられているわけではなく、歯肉も歯を支える役割を持っています。歯と歯肉がくっつくには骨から歯が約3mmの幅が必要となります。この約3㎜の幅が生物学的幅径と呼ばれ、この幅がないことで歯肉に炎症が起きています。骨を削ってこの幅を確保することも出来ますが、そうすると周りの歯に対して骨を削った歯が長くなってしまいます。歯を長く見せないために矯正的挺出で根っこと歯肉を引き上げています。

塩谷歯科医院 破折 審美 セラミック

外科手術中の写真です。矯正的挺出が終わった後に生物学的幅径の確立、骨の形、歯肉の位置や形を整えるために歯冠長延長術(骨を削ったり、歯肉を切ったりする歯周外科手術の一種)を行いました。矯正的挺出および歯冠長延長術の一連の治療によって生物学的幅径が確立され補綴治療(歯に被せを入れる治療)の準備が整いました。

塩谷歯科医院 破折 審美 セラミック

根っこに土台を作り、型取りをする直前の写真です。生物学的幅径が確立され、プラークもついていないため、以前は赤く炎症を持っていた歯肉もピンクの炎症のない歯肉となっています。歯のフィニッシュライン(歯の削った部分と削っていない部分の境界であり、被せ物と歯の境になる)を明確に型取りするために歯肉圧排(歯肉と歯の隙間に糸を入れて一時的に歯肉をひろげること)を行い型取りを行っています。

塩谷歯科医院 破折 審美 セラミック

型取りを行った写真です。歯のフィニッシュライン(歯の削った部分と削っていない部分の境界であり、被せ物と歯の境になる)も明瞭に型取りされおり。このような型取りを用いて被せを作ることで歯と被せの間に隙間が限りなく少ない適合の良い被せを作ることが出来ます。

塩谷歯科医院 破折 審美 セラミック

治療後の写真です。被せ物をした歯肉の形も整い、周りの歯肉と同じようにスキャロップ(貝殻のような形をした歯肉の高低差)な形になっているのが確認できます。このように様々な治療過程を経て破折した歯に補綴治療がなされます。

ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ

加西市 歯医者 塩谷歯科医院  電話番号 0790-48-3690

top